animate-ink-drawing-adobe-capture_1408x792

アニメーション チュートリアルにスケッチします。

From Sketch into an animation tutorial

モバイル デバイスおよびタブレット私達の処分で今あるかなり過去にほとんど全く考えられないツールのアーセナル。
覚えて sca にスキャナーを使用して、雑誌から n 写真やテクスチャおよびベクトルの参照をしました。
Adobe がプレゼンテーションされています。
私はほぼ 20 年間 t 設計キャリアおよびキャプチャ アプリで文字通りリソースを収集することができます。
s いつでもどこでも。
このチュートリアルのショーケース Alex Fleisig がアドビ キャプチャ CC と Adobe アニマを使用する方法テ CC 本当にクールなアニメーションを作成します。
それをチェック アウト。
あなたの C にステップ 1 コピー Alex Fleisig スケッチ宇宙クラウド ライブラリ。
Alex のスケッチを使用するをクリックします。
As をコピーする Creative Cloud への保存」をクリックします。
あなたの創造的なクラウド ライブラリに設定します。
注: Creative Cloud アカウントにサインインする必要があります。
o は、ライブラリを保存します。
ステップ 2 キャプチャ形起動キャプチャ CC. 選択図形 (1) とタップ、+ iコン。
あなたのイメージを参照する画面の下部 (2) キャプチャからアイコンをタップします。
クレアを選択します。
tive クラウド (3) マイ ライブラリを取得する私の資産 (4) の右側にある下向き矢印をタップ > キャプチャe + アニメイト (5)。
Koala_sketch 写真を選択し、青い [開く] ボタンをタップします。
注: screenshoetween 計算された、計算された Pro は、iPhone、および Android デバイス ステップ 3 スケッチに変換ベクトル shサル。
キャプチャ CC 変換ベクトルに Alex の鉛筆形のシャープネスが維持されます、t 任意のサイズ。
左または右にもっとまたはより少なく、形状の詳細をキャプチャして、スライダーをドラッグします。
タップ tイメージをキャプチャし、ベクター図形にそれを回す彼のキャプチャ ボタン (カメラのアイコン)。
必要に応じて、図形または図形おいてから削除を選択してシェイプをリファインします。
詳細は上に指をドラッグします。
削除またはベクトル グラフィックを維持したいです。
矢印をタップします。
キャプチャ変換図形 into ベクトル。
完了したら、名前を付けて、コアラ形 (w に次の画面にひととおりキャプチャe と命名したキャプチャ + アニメーション ライブラリの koala_A)。
ステップ 4 では、色のテーマをキャプチャします。
色をタップします。
タップ、+ アイコン。
多彩なシーンでお使いのカメラをポイントします。
インタラクティブな色の円 o が表示されます。
イメージの n のトップ。
T を調整する個々 の色の円を移動することができますので、それを凍結する画面をタップします。
彼のテーマです。
5 つの色のテーマをキャプチャするキャプチャ ボタンのチェック マークをタップします。
ステップ 5 は、コロコロを保存します。
r のテーマです。
色のテーマの名前を入力します。
適切な創造的なクラウド ライブラリを選択し、t キーを押してください彼のチェック マークを保存します。
アニメーションのコアラに色をアニメーション化する CC でこのテーマを使用します。
ステップ 6 あなたのキャラクターをアニメーション化します。
このビデオでは、ジョセフ ・ ラブレク コアラやカラー テーマを取得を参照してください。
アニメーションの cc では、創造的なクラウド ライブラリからいくつかの楽しい生活に文字をもたらすとアニメーション(名) Adobe アニメーション CC の詳細についてを参照してください https://www.adobe.com/go/learn_animate_download_en。
また、アドビ キャプチャ CC、チェック アウト http://www.adobe.com/products/capture.html を作るhttp://alexfleisig.blogspot.com/ チュートリアルで Alex の仕事をチェックしてください。
adobe のツール
  • Sketch into an animation tutorial

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>