Watercolor%20Text%20Effect%20-%20850

水彩画を作成する方法は、Adobe Photoshop でテキスト効果を触発

From How to Create a Watercolor Inspired Text Effect in Adobe Photoshop

何あなたがするからチュートリアル表示されますフィルター、ブラシ、および調整束を使用する方法シンプルでカラフルな水彩画を作成する tment レイヤー テキスト効果に影響を与えた。
始めましょう! これテキスト効果は、GraphicRiver で利用できる多くの水彩 Photoshop アドオンに触発されました。
チュートリアル資産次に掲げる資産は、このチュートリアルの生産の間に使用された: HucklebuckJFフォント キャンバス 1-25 Arjo62 1 で。
新しい 1250 x を作成する背景のステップ 1 を作成する方法850 px ドキュメント キャンバス _15.jpg 画像を背景レイヤーの上に配置し、サイズを変更必要に応じて。
ステップ 2 作成アイコンをクリックして新しい塗りつぶしまたは調整レイヤーのレイヤーの下にパネル、色相/彩度を選択します。
ステップ 3 クリップ キャンバス テクスチャ レイに色相/彩度レイヤーえっと、-25 に彩度の値を変更します。
2. スマート オブジェクトのレイヤー 1 のステップ作成を作成する方法e すべての上に新しいレイヤーは、レイヤー、水彩テクスチャを呼び出します。
任意の描画色を設定します。
など、それと水彩テクスチャ レイヤーを塗りつぶしの色。
ここで使用する色は、#d63965 です。
2 右クリック水彩テクスチャ レイヤーをステップしスマート オブジェクトに変換を選択し、行います、背景色を白に設定してください。
ステップ 3 フィルターに行く > レンダリング > 雲。
3。
水彩テクスチャを使用してフィルター フィルターに行くを作成する方法 >、fol を適用するフィルター ギャラリーlowing フィルター: 1 ブラシ ストロークのステップ > スプレー ストローク: ストロークの長さ: 12 スプレー半径: 7 Str桶方向: 右斜めのステップ 2 の各フィルターを追加次へ、回をクリックする必要がありますe フィルター ギャラリーのウィンドウの右下隅の新しい効果の層のアイコン。
ステップ 3 ブラシ Strokes > スパッタ: スプレーの半径: 10 滑らかさ: 5 ステップ 4 芸術 > 乾燥ブラシ: ブラシ Size: ブラシの細かさ 2: 8 テクスチャ: 1 ステップ 5 芸術 > 下塗り: ブラシのサイズ: 40 テクスチャ C超過分: 40 テクスチャ: キャンバスのスケーリング: 100 救済: 0 光: 上部ステップ 6 芸術 > 乾いたブラシ。
ブラシのサイズ: 10 ブラシ詳細: 10 テクスチャ: フィルター ギャラリーから抜け出す 1 ステップ 7 をクリックして [ok] をnd フィルターに行く > シャープ > アンシャープ マスク。
55、半径 5、金額を変更し、0 にしきい値。
4. テキスト手順 1 を作成するを Hucklebuck フォントを使用してテキストを操作する方法ユニデンと 200 pt のサイズを設定します。
ステップ 2 のコマンドをクリックしてテキストレイヤーのサムネール、セレを作成するにはいいます。
ステップ 3 では、それの横にある目のアイコンをクリックしてテキスト レイヤーを非表示します。
次に、選択、Watercoロアはテクスチャのレイヤーとレイヤー パネルの下部に追加レイヤー マスク アイコンをクリックします。
5、どのようにストロークのブラシの選択ブラシ ツール (B) を変更し、ブラシ] パネルを開きます (ウィンドウ > ブラシ)。
Chちりチョーク 23 ピクセル、ヒントし、下記の設定を変更: ブラシシェイプ先端形散乱転送 6。
作成および作業パス手順 1 右クリック テキストのストロークの方法レイヤー、作業用パスを作成を選択します。
ステップ 2 選択ダイレクト選択ツール (A) し、パス操作アイコン オプション バーと図形コンポーネントのマージ] をクリックします。
選択、作業用パスの境界線を描く水彩テクスチャ レイヤー マスクのサムネール。
ステップ 3 選択ブラシ ツール agアイン、描画色を白に設定し、パスをストロークにリターンキーを押します。
A を押してヒットリターン キー作業用パスを取り除くために 1 つのより多くの時間を。
7. 水彩ブラシを作成する方法ヒント手順 1 選択ブラシ ツール ブラシ] パネルを開きますとハード ラウンド チップをピックアップし、変更以下その設定: ブラシ先端形状形状ダイナミクス テクスチャ デュアル ブラシ使用チョーク 23 ピクセルのヒント。
転送は、ノイズとウェット エッジのボックスを確認します。
水彩 Textu とステップ 2マスクのサムネイルを選択したとき、再クリック-ドラッグ若干不鮮明などいくつかのランダムに点を追加します。
8。
どのように水彩効果ステップ 1 変化の線形に水彩テクスチャ レイヤーのブレンド モード スタイル書き込みます。
ステップ 2 は、これらの内側グロー効果を適用する水彩テクスチャ レイヤーをダブルクリックします。
設定: ブレンド モード: 線形を燃やす不透明度: 90% 色: #cccccc サイズ: これが作成されます 5 mo現実的な再エッジを探しています。
9. 微妙なビネット ステップ 1 追加グラデーション塗りつぶしレイヤーを追加する方法水彩テクスチャ レイヤーの下。
コロコロを使用して塗りつぶしの色のグラデーションの塗りつぶしに透明を作成します。
左右 #929292 を右とし、半径方向のスタイルの変更と t、#d8d8d8 rs彼は 250% にスケールします。
手順 2 変更色 Burn.This にグラデーションのレイヤーのブレンド モードは終了します。
主な水彩画の効果は、選択した塗りつぶしの色は、1 つだけの色を使用して。
10 どのように to 色相/彩度調整レイヤーを追加テクスチャ ステップ 1 の色付け、水彩 Textu にクリップレイヤー、および変更再飽和値-100。
ステップ 2 は、色相/サトゥ ・の上に新しいレイヤーを追加します。
レイヤーの配給量、色、名前、焼き込みカラーにブレンド モードを変更します。
ステップ 3 クリップ色ラヤーを水彩テクスチャ レイヤーに、挙げて大きなソフト ラウンド ブラシ先端です。
あなたが行う必要があります。
次、異なる色を選択、ペイント テクスチャのランダムな地域に。
色を変更することができます。
s 層の不透明度の値に必要な場合。
11. 上よりのフィルター手順 1 作成新規レイヤーを適用する方法すべての上層とスタンプを作成するオプション-コマンド-Shift-E キーを押します。
St の名前を変更します。
アンプは高通過する層し、スマート オブジェクトに変換します。
ステップ 2 フィルターに行く > その他 >ハイパス、および 1 の半径の変更。
手順 3 ソフト李にハイパスのレイヤーのブレンド モードを変更します。
右側、50% の不透明度。
手順 4 を作成する別のスタンプ レイヤーがある場合、すべてのレイヤーの私を呼び出すt の PC フィルター、スマート オブジェクトに変換します。
ステップ 5 フィルターに行く > フィルター ギャラリーと ma柯 t で効果レイヤーの削除] アイコンをクリックしてがある場合すべての余分な効果レイヤーを削除してください。
彼はフィルター ギャラリーのウィンドウの右下。
下のスケッチ、コピー フィルターを選択し、これらの設定を使用: 詳細: 7 闇: 8 ステップ 6 s の PC フィルターのレイヤーのブレンド モードの変更しばしば光とその不透明度 10%。
おめでとうございます!このチュートリアルで実行している、我々 が作成した、シンプルなキャンバスの背景と水彩テクスチャを作成するフィルターのカップルを使用します。
その後、応ied テキストにテクスチャ スタイルし、それを色、線を描き、それを中傷するブラシ先端を変更します。
最後に、いくつかのより多くのフィルターと効果を終えるに調整レイヤーを追加しました。
Fre をどうぞあなたのコメント、提案、および以下の成果を残して e。
  • Final product image
  • Watercolor actions on GraphicRiver
  • Place the Canvas Texture
  • Add a HueSaturation Layer
  • Saturation Value
  • Fill with a Color
  • Convert to a Smart Object
  • Clouds Filter
  • Sprayed Strokes
  • New Effect Layer
  • Spatter
  • Dry Brush
  • Underpainting
  • Dry Brush
  • Unsharp Mask
  • Create the Text
  • Create a Selection
  • Mask the Selection
  • Brush Tip Shape
  • Shape Dynamics
  • Scattering
  • Transfer
  • Create a Work Path
  • Merge Shape Components
  • Stroke the Work Path
  • Brush Tip Shape
  • Shape Dynamics
  • Texture
  • Dual Brush
  • Transfer
  • Add Smears
  • Change the Blend Mode
  • Inner Glow
  • Styled Edges
  • Gradient Fill Settings
  • Change the Blend Mode
  • Desaturate the Texture
  • Add the Coloring Layer
  • Color the Texture
  • Create the High Pass Layer
  • High Pass Filter
  • High Pass Layer Settings
  • Add a PC Filter Layer
  • Photocopy
  • PC Filter Layer Settings
  • Final Result

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>