アドビ ミューズの 11 の全画面表示メニュー

From 11 Fullscreen Menus in Adobe Muse

アドビ ミューズ ウェブサイトにフルスクリーン メニューを追加します。
コーディングのスキルが必要。
   大きな部分を占めて、ウェブサイトは、ナビゲーションのメニューです。
うまく設計されたメニューは、ウェブサイトより簡単より多くの i を移動することができます。
ナザナ。
メニューの配置場所は、web サイトを見ているとき、私が捜す最初の事の 1 つd とどのように機能します。
Web 開発メニュー保持進化してきて以来創造的です。
メニューをクリックすると、別の方向からアニメーション メニューが個人的に大好きボタン、およびメニュー画面全体をカバーします。
私の最初のウィジェットの 1 つだった大きなメニューのウィジェットです。
それメニュー ボタンをクリックすると、web サイト全体をカバーする 11 の全画面表示メニューで構成されています。
私ハve は、それを可能にするカスタムの開閉ボタンを最近更新しました。
オープンを回転することもできますし、ホバー ボタンを閉じます。
今もリンクをクリックしたときにメニューを閉じるに能力があります。
1 ページの web サイトのスクロールに便利であります。
上記のビデオ チュートリアルでは私は、新しい上に行く機能と大きなメニューのウィジェットを更新。
ここでは大きなメニューのウィジェットを追加する手順: 1 Inst。
.mulib ファイルをダブルクリックして、すべてのウィジェット。
Adobe M にウィジェットをインストールし、[ライブラリ] パネルを使用します。
ウィンドウに [ライブラリ] パネルに表示されないかどうかは > ライブラリ。
2. の図書館を支えるからy パネル 11 別のフルスクリーンのメニューから選択することができます。
大きなメニューのウィジェットを見つけることすぐに"BGMNU"のライブラリ パネルの検索バーに入力します。
3. ドラッグ アンド ドロップあなたの Adobe にメニューミューズのウェブサイト。
最初に感嘆符の付いた 50 × 50 箱をちょうど言うでしょう。
これは、します。
e [開く] ボタン イメージは追加されていません。
4.「開くメニュー」でカスタム オープン ボタン イメージを追加セクション。
[開く] ボタンのサイズを変更、ホバー回転を有効にできます。
内で、ウィジェットのフォルダーが、独自のアイコンを持っていない場合の開始するためのアイコンがあります。
5. Add「メニューを閉じる」セクションのカスタム閉じるボタン。
閉じるボタンのサイズを変更することができます。
n と同様ホバー回転を有効にします。
6.「メニューのスタイル」セクションのコロコロを選択できますメニューの r はリンクのテキストのスタイルし同様、オーバーレイします。
7. メニューのフォントを変更するには上部のツールバーのオプションにウィジェットと使用組み込みアドビ ミューズ「テキスト」エレクト。
ここで y からou は、フォント メニューから任意の web フォントを選択できます。
8 t で、メニューのメニュー項目の量を選択します。
彼は「メニュー項目」セクション。
ここでメニューの項目と、リンクのテキストを設定することもできます。
あなた can リンク アンカー ポイント、内部のページや外部のページ。
情報がある、"リンク よりについては、メニュー項目をリンクする方法について参照します。
9. ファイルに行く > ブラウザーでページをプレビューします。
o では、メニューがどのように見えるを参照してください。
10. やった! 多くのビデオ チュートリアルやアドビ ミューズのウィジェットは、http を参照してください。
museforyoushop.com。
アドビ ミューズの 11 の全画面表示メニューで続きを読む
  • Muse For You - BIG Menu Widget Update - Adobe Muse CC - Web Design Ledger
  • Muse For You - Adobe Muse CC
  • Adobe Muse CC Logo
  • Muse For You - BIG Menu Widget Update - Adobe Muse CC - Web Design Ledger
  • Muse For You - BIG Menu Widget Update - Adobe Muse CC - Web Design Ledger

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>